« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2月11日釣行記

久しぶりに 釣行記を書きますね

Imgp0033

今年初めに去年に書いたブログをチェックすると

手抜きも多いし 書いていないときが多かった

今年は心を入替えて 釣りに行ったことは

必ず書こうと決めましたが

最初から駄目でした

なぜでしょうね~ 一昨日知り合いの人から

Imgp0034

メールが入って

「趣味で有ってもモチベーション保つのって大変ですよね」

同感です!

最初は 船釣りを覚え赤いバラメヌキを釣ったのが

船釣りにはまった一因です 船長が釣れるポイントまで

船を動かし仕掛けを入れると 小気味よい反応

Imgp0035

何とも言えないですよね

でも 始めてから4~5年は船酔いばかり

港に泊まっている船に乗っただけでGEですから

相当なものです

GEしながら釣りをし港に戻るまでGEはしょっちゅう

でした。 でも懲りないんですよね

しばらくして ネットで釧路の船釣りを検索すると

何もヒットしない 情報が全く無いんですよね

凪男さんと相談し 自分たちの釣りを発信しようと

Imgp0039

「釧路の沖」を立ち上げた次第です

船に乗るたび 釣り仲間が増えていき

今では初めての人でも 声をかけてくれます

嬉しいことです

でも自分の文才の無さとか 毎回同じ釣りとかで

モチベーションが下がっていくのが自分でも

Imgp0040

わかります。今回指摘されほっとしました

じぶんの好きな釣りをただ楽しんでいこう

そして それをネットに書き記して行けたら

それでよいと思った次第です

まずは1月30日、2月6日、そして昨日と

3週連続して第一幸福丸で行ってきました

Imgp0041

この時期は 寒くて朝の気温-10°以下

沖での体感気温は-20°以上です

従って釣りに行く人が少ない

3週続けて少人数の釣行でした

1月30日はまずは真鱈狙いで ジグ釣りでした

良い型の鱈が上がり 腹を見てみると

Imgp0042

タチがびっしり入っています

これに大喜び 去年12月は時化のため

沖に出れず 真鱈釣り最高の時を逃し

タチを食べれませんでしたので嬉しかったです

一昨年までは タチを全く食べれ無かったです

私の子供の頃は親類が漁師のため

Imgp0046

何時も鱈やイカが食卓に上がりますが

これが生臭かったので 子供心にこれは

「人間が喰う物ではない」と思っていました

結構同年代には居ますよね

只自分たちが釣ってくる魚は 家に戻っても

まだ生きています こんな魚はどこの市場に

Imgp0047

行っても手に入らないんですよね

一度娘が食べていた タチをつまみ食い

すると これが美味しい!

子供の頃に食べさせられた物とは

大違いでした。やはり船釣りで釣ってくる魚は

最高ですよね

1月30日は真鱈やアオゾイ、ヤナギを釣りましたが

2月6日は真鱈狙いでジグ釣りだけでした

太田船長に寄ると アオゾイやヤナギの反応が

Imgp0048

全く無く ジグ釣りオンリーとのこと

それでも型は小さいのですけど20匹弱の

真鱈を釣り上げ満足な釣行でした

11日は休日でしたが 仕事の状況が前日夕方まで

わからなく太田さんに連絡したのが6時頃でした

メンバーを聞くと ハリさん、ハマチャン、中川さん

Imgp0050

私の4人とのこと

この時期は少人数でも仕方ないですね

朝6時出港 今回は最初から真鱈狙いで

ジグ釣り一本です

最初のポイントで 続けて2本私が釣り

移動してからは他の人がバタバタ真鱈を

上げていきます。釣れなくなると釣れている人の

ジグを見て 同じ傾向のジグを出し

それを使いますと効率が良く釣れます

Imgp0051

帰りまで20本弱の真鱈を釣りましたが

家に残ったのは タチ入りの1匹だけ

全部娘が配って歩いてくれました

これからは 春恒例のメヌケ釣りの支度

これがまた時間の掛かる作業です

又作業工程を今度書いてみますか

Imgp0052

Imgp0055

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »